MEMBERS

-メンバー-

代表取締役社長

河村 修一郎

1989年日本興業銀行入行、国際資金部にて外債の自己勘定投資業務を経て、1996年から産業調査部において電力・エネルギー業界担当アナリスト業務に従事。業界動向にかかる調査・分析を行うほか、通産大臣の諮問機関(電気事業審議会等)の委員スタッフとして、電力規制改革案を提言し、制度設計に参画。

2000年より興銀証券(現みずほ証券)にて環境・エネルギー関連企業向けコーポレート・ファイナンス業務に従事。

2003年には、米国コンサルティング会社Strategic Decisions Groupと共同で日本初のエネルギー産業特化型のコンサルティング会社(株)インダストリアル・ディシジョンズを設立、同社代表取締役社長に就任。(Strategic Decisions GroupはシリコンバレーStanford Research Institute からのスピンオフベンチャー)以後3年間、日本のエネルギー環境関連企業に対する経営コンサルティング事業を拡大・深化させる。環境エネルギー分野における上記活動を通じて、当該分野へのリスクマネーの提供と経営支援を併進する事業の必要性を痛感し、2006年に日本初の環境エネルギー特化型ファンド運用会社、(株)環境エネルギー投資(旧日本エネルギー投資)を設立し、代表取締役社長に就任。以降、環境エネルギー分野への投資活動に従事。
東京大学法学部卒、米国Princeton大学Woodrow Wilson School, MPA

マネージング・ディレクター

細谷 賢由

日本興業銀行入行後、大阪支店、米国債・各種デリバティブのトレーディング、システムの保守・運用などに従事した後、1997年(株)デジタルガレージへ。財務部長として公開前の管理体制の整備などに注力。

1998年ITコンサル会社の起業に参画するも2002年に清算。その後、野村ブラックロック・アセットマネジメント(株)を経て、約1年間フリーライターとして活動、日経ビジネスアソシエ等に寄稿する。

2004年サイボウズ(株)入社、2005年取締役経営管理本部長、2006年取締役副社長。同社の東証1部昇格などに貢献後、2007年同社を退社し、日本最古の映画会社である日活(株)へ。事業戦略立案、資本政策などを主導。2009年より、環境エネルギー投資に参画。一橋大学経済学部卒

マネージング・ディレクター

西川 徹

日本興業銀行入行後、新規業務営業、企業審査、M&A業務等を担当。97年にインテル出身エンジニア等と共に、最先端画像処理LSIベンチャー NuCORE Technologyをシリコンバレーに創業。7年間副社長として、経営戦略、マーケティング、事業開発、ファイナンス、法務、人事等、会社の発展ステージに応じ幅広く経営全般を担当。シリコンバレー一流 VCより大規模な資金調達、経験豊富なマネジメントを確保、シリコンバレー、日本の両中核拠点にてリソースの最適配分を図るグローバルなビジネスモデルを 実行。
2003年NuCOREを退職し帰国、以降複数の日米のテクノロジーベンチャーの代表、経営陣、アドバイザーに従事した後、2008年末に環境エネルギー投資に参画。
慶應義塾大学経済学部卒、米国 Stanford大学 MBA

マネージング・ディレクター

須田 誠

日本生命保険入社後、融資企画部で融資部門全般の業務執行、財務部で主にホールセール向け融資営業に従事。97年株式部未公開株式課に転じ、ベンチャー投資、PEへのLP投資、関連VCの管理業務等に従事し、日本生命のベンチャー投資事業の発展に寄与。 2003年にドリームインキューベータにて、ベンチャー投資戦略子会社社長に就任、投資ファンドの立ち上げの他、投資部門のパフォーマンス向上に寄与し、東証一部上場昇格に貢献。

2006年より、環境エネルギー投資に参画。

中小企業診断士、日本証券アナリスト協会検定会員。

シニア・ディレクター

中村 謙吾

大手ベンチャーキャピタルにてベンチャー投資フロント業務に従事。 その後、ハードウェア、エンターテインメント、インターネット関連のベンチャ ー/事業会社において経営企画・事業開発・営業全般に携わる。 2010年環境エネルギー投資に参画。

シニア・ディレクター

小林 孝宏

システムエンジニアとしてキャリアをスタートし、プログラミングやデータベース設計の業務に従事する中、所属部門がスピンアウトする形で独立しITベンチャー企業の立ち上げへ参画。

その後、企業経営の実務を学ぶため企業再生系プライベートエクイティのグループ会社への転職、配属先の中堅広告代理店で企業再生の実務を行い、同社の黒字化に寄与。またM&Aアドバイザリー会社にて、中小規模企業のM&Aに関連するデューデリジェンスからクロージングまでの幅広い実務を経験。

2008年より環境エネルギー投資に参画。

ディレクター

加藤 幹也

2001年イー・アクセス株式会社に新卒一期生で入社、ブロードバンドの営業マーケティングを担当し同社上場を経験。2004年ソフトバンクグループのBBケーブル株式会社入社し、主にサービス企画立案やプロジェクト推進及び放送法免許登録や著作権分野の渉外を担当。2006年にはソフトバンク株式会社社長室を兼務し、ソフトバンクグループ全体の事業推進を担当。

2008年経済産業省商務情報政策局メディアコンテンツ課に出向し技術分野からコンテンツ産業の振興に従事。2010年にソフトバンクに帰任後はUstream Asia株式会社にてサービス企画及び著作権処理業務に従事。2011年の東日本大震災を機にソフトバンク株式会社社長室に戻り、ソフトバンクグループの自然エネルギー事業及び電力小売事業、燃料電池事業の事業推進に従事。

2015年環境エネルギー投資に参画。