MEMBERS

-メンバー-

河村 修一郎

1989年日本興業銀行入行、国際資金部にて外債の自己勘定投資業務を経て、1996年から産業調査部において電力・エネルギー業界担当アナリスト業務に従事。業界動向にかかる調査・分析を行うほか、通産大臣の諮問機関(電気事業審議会等)の委員スタッフとして、電力規制改革案を提言し、制度設計に参画。

2000年より興銀証券(現みずほ証券)にて環境・エネルギー関連企業向けコーポレート・ファイナンス業務に従事。

2003年には、米国コンサルティング会社Strategic Decisions Groupと共同で日本初のエネルギー産業特化型のコンサルティング会社(株)インダストリアル・ディシジョンズを設立、同社代表取締役社長に就任。(Strategic Decisions GroupはシリコンバレーStanford Research Institute からのスピンオフベンチャー)以後3年間、日本のエネルギー環境関連企業に対する経営コンサルティング事業を拡大・深化させる。環境エネルギー分野における上記活動を通じて、当該分野へのリスクマネーの提供と経営支援を併進する事業の必要性を痛感し、2006年に日本初の環境エネルギー特化型ファンド運用会社、(株)環境エネルギー投資(旧日本エネルギー投資)を設立し、代表取締役社長に就任。以降、環境エネルギー分野への投資活動に従事。
東京大学法学部卒、米国Princeton大学Woodrow Wilson School, MPA